2010年03月19日

能古島切断遺体 尻に複数のあざ 他の部位を捜索(毎日新聞)

 福岡市西区の能古島(のこのしま)で、女性の遺体の下腹部が見つかった事件で、尻の部分に複数のあざがあったことが捜査関係者などへの取材で分かった。暴行などによる外傷はなかったが、福岡県警は遺体の状態から死後しばらく室内などに置かれ、切断された可能性もあるとみて、16日に司法解剖をし詳しい死因を調べている。一方、発見現場近くでは同日朝、捜査員70人が遺体のほかの部位の捜索にあたった。

 遺体を発見した住民らによると、遺体の尻の部分に500円玉大の紫色のあざが点々と付いていた。県警によると、見つかった遺体は死後数日〜数週間。胴体と足の付け根は鋭利な刃物で切断されたとみられ、室内などでバラバラにされた可能性が高いという。

 16日朝からの捜索では、機動隊員らが海岸線や桟橋の周りを入念に見て回った。近所の女性は「昨日の強風が遺体を博多湾から運んできたのだろう。かわいそうに」と様子を見守っていた。

【関連ニュース】
女性遺体:切断され下腹部のみ 福岡・能古島の海岸付近

<時効見直し>刑訴法改正案を閣議決定 殺人などで時効廃止(毎日新聞)
夫婦別姓、選択肢を用意=千葉法相(時事通信)
普天間県内移設に反対=沖縄県議会、防衛相に(時事通信)
「心神喪失」専門家でも分かれる判断 明確な基準必要(産経新聞)
男性緊縛遺体 監禁容疑で6人逮捕 警視庁(産経新聞)
posted by カシマ ヒロコ at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学士院賞に11人=山中教授らは恩賜賞も(時事通信)

 日本学士院(久保正彰院長)は12日、学術分野での優れた研究業績に対して贈る日本学士院賞の2010年度受賞者に、能楽史研究を発展させた表章・法政大名誉教授(82)、人工多能性幹細胞(iPS細胞)研究の第一人者である山中伸弥・京都大教授(47)ら11人を内定した。表、山中両氏には併せて恩賜賞を贈る。
 自然保護分野を対象にしたエジンバラ公賞には、西平守孝・海洋博覧会記念公園管理財団参与(70)を選んだ。授賞式は6月に東京で行う。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
最先端研究基金、配分決まる=iPS山中教授は「満額」
iPS細胞センター、研究所に=スタッフ120人、来月発足
海外向けに民放作品放送=NHKワールドTV
白血病薬への抵抗たんぱく質発見=再発防止へ期待

日銀追加策に期待感=仙谷国家戦略相(時事通信)
トキ9羽死ぬ テンが襲撃、足跡から判明 環境省(毎日新聞)
西山・元記者ら参考人招致、「密約」問題で(読売新聞)
トキ「観察用ケージ」白紙、安全性再検討へ(読売新聞)
首相動静(3月12日)(時事通信)
posted by カシマ ヒロコ at 10:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。