2010年04月27日

胸に刃物刺さった女性、路上で死亡…茨城(読売新聞)

 23日午後11時16分、茨城県日立市水木町の路上で、胸に包丁のような刃物が刺さった女性が倒れているのを通りがかった女性が見つけ、通報した。

 倒れていた女性は既に死亡しており、日立署は殺人事件とみて捜査している。

 発表によると、女性はTシャツとジーパン姿で、30歳代とみられる。現場はJR常磐線大甕(おおみか)駅近くの住宅街。

福祉国家論の有識者からヒアリング―厚労省PT(医療介護CBニュース)
<猿橋賞>奈良先端科学技術大学院大の高橋淑子教授が受賞(毎日新聞)
【健康】ストックウオーキングで全身運動 体への負担少なく効果大(産経新聞)
<不正輸出>北朝鮮にピアノなど 広島の会社を家宅捜索(毎日新聞)
橋下知事の仲介、合併破談2市町が6年ぶり連携協議(産経新聞)
posted by カシマ ヒロコ at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

広島空港もっと使って!知事、台湾でトップセールス(産経新聞)

 広島県の湯崎英彦知事は20日、県内観光のPRや広島港の利用を呼びかけるため、台湾に出発した。22日まで3日間の予定で、主要旅行会社や海運会社を訪ねるトップセールスを行う。湯崎知事の海外出張は、昨年11月の就任以来初めて。

 出張には県空港港湾部長らが同行。広島空港の利用促進や観光PRのため中華航空を訪問し、現在週5往復運行している広島−台北便を、毎日運航に増やすよう働きかける。

 また、広島港の貨物利用促進に向け海運会社2社を訪問。広島と台湾、香港などを結んでいる定期航路について、利便性を高めるためにタイ・バンコクまで延長するよう要望する。

 広島県は今年度から、瀬戸内海沿岸の観光振興に向けた「海の道1兆円構想」の策定に取り組んでおり、湯崎知事は「地道な取り組みで広島への関心を高めたい」と話している。

【関連記事】
北朝鮮にピアノ輸出容疑 中国経由 広島の会社捜索
核兵器禁止条約締結を提言 広島のOBサミット閉幕
平和ポスター制作に長友氏 「ヒロシマ・アピールズ」
英ヒースロー空港が再開 欧州航空網、全面正常化へ
三洋電機、関空発の輸送便3%増加へ
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<都営バス>乗用車が追突…運転者は心肺停止 東京・足立(毎日新聞)
宗達「松島屏風図」複製 100年ぶり堺に里帰り(産経新聞)
普天間問題 徳之島3町長は官房長官との会談拒否(産経新聞)
<将棋>羽生が2連勝 名人戦第2局(毎日新聞)
<平野官房長官>仙谷氏を批判 衆参同日選発言(毎日新聞)
posted by カシマ ヒロコ at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

3歳娘を浴室に6時間監禁…虐待父親を再逮捕(読売新聞)

 3歳の次女に対する暴行容疑で福岡市博多区の無職山崎志穂容疑者(28)が逮捕された事件で、福岡県警博多署は17日、山崎容疑者の夫で、同区、会社員山崎英治容疑者(31)を逮捕監禁容疑で逮捕した。

 発表によると、英治容疑者は11日午前2時から同8時20分頃まで、次女の山本心結(みゆ)ちゃんを自宅浴室内の浴槽に入れ、蛇口に心結ちゃんの右手首を粘着テープで巻き付けて浴室内に閉じこめた疑い。

 英治容疑者は「部屋で心結ちゃんがおしっこをするのを防ぐためだった。おしっこをしてもすぐに流せるよう浴槽で縛った」と容疑を認めているという。

 山崎容疑者は11日夜、自宅マンションで、テーブルの上にいた心結ちゃんの背中を突き飛ばし、約35センチ下の床に転落させたとして、12日に暴行容疑で逮捕された。

<名古屋市議会>恒久減税案など 委員会で全会一致で否決(毎日新聞)
火山噴火 航空業界への影響「9・11超える」(産経新聞)
金ジョンウン「写真」は「誤報」 韓国メディアが毎日報道を否定(J-CASTニュース)
「最も親しみ感じる」日本はヨナ、韓国は真央(読売新聞)
地方へのしわ寄せ懸念表明=財政健全化目標で−知事会など(時事通信)
posted by カシマ ヒロコ at 05:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。