2010年04月08日

大阪の児童養護施設、保育士が2女児に性的虐待(産経新聞)

 大阪府は7日、職員による児童への虐待行為があったとして府内の2件の施設に対し、児童福祉法に基づく、改善指導を行った。

 府によると、ある児童養護施設では、男性保育士(23)が今年1月〜2月にかけ、小学生の女児2人に対し、身体を触るなどの性的虐待をしたという。府は保育士としての信用を傷つけたとして、職員の保育士登録を取り消し。施設側は職員を懲戒解雇した。

 また、別の障害者施設では職員13人が約20人の児童らに対し、叩いたり、強く手を引っ張るなどの身体的虐待をしたといい、府が改善を指導。施設側は職員の処分を検討しているという。

【関連記事】
わいせつ容疑で中学教諭逮捕 教え子、自宅に呼び出し
急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”
子供の虐待防止へ厚労省専門家会議 「親権の制限法」求める意見も 
40人以上の女児にワイセツ…英会話教師の手口
児童の性的虐待、実父が最多…発見より難しく
「中国内陸部の資源事情とは…?」

名古屋の住宅密集地で火災、民家6軒延焼中(読売新聞)
<わいせつ行為>男子バレー部監督が男子部員に 奈良県立高(毎日新聞)
私立中学にも独自助成へ=全国初、高校無償化受け同額−鳥取知事(時事通信)
<ケアベア>福岡に特設コーナー…米国生まれの人気キャラ(毎日新聞)
パンダの良浜、おめでた?ベビー今夏誕生に期待(読売新聞)
posted by カシマ ヒロコ at 03:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。